fc2ブログ
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

風流郷 -sonority-

  : 

自分の中の本物を貫く、真のフルコンボ使いを目指す男の物語。

【GOD EATER 3】狙われたフレンチクルーラー 

20220625-01

このゲーム、ユーザーインターフェースを非表示にする事は(多分)出来ないのだが、
画面が切り替わる前の特定のタイミングで、非表示になる瞬間がある。

それを利用すれば、広くて綺麗なSSが撮れる!


めるちゃんに協力してもらいつつ、
記事の表紙に使っていこうと思います(*'ヮ')b+


………
……



録画やSS等、いくつかあった問題を解決し、
風流郷での連載に漕ぎ着けた当作品。

発売は2018年で、アップデートも数年前に打ち切られている。


過去作がいわゆる完全版商法だった事、
今作の開発が別のチームであった事、等々。

様々な理由により、これまでのシリーズとは方向性が違うようで、
シリーズファンからの酷評が目立ち、売れ行きもイマイチだったと予想される。


ついには、ファンクラブの会員サービスも2022年3月31日に終了していまい、
ナンバリングとしては、これが最後になってしまうかもしれない、との声も。

名のある作品だ、個人的にはこれで終わるとは思えない。





―――――さて、そんなゲームをやっていくワケだが。


発売当初の動画を漁ると、「これは確かにひどい」と言わざるを得ない部分が散見する。



しかし、数々のアップデートを経た今、シリーズ未経験者が遊んだ感想は…





マルチプレイのゲームとして見た場合には特に、高い完成度を誇り、面白い。





こういったハンティングゲームは、
比較対象にモンスターハンターが選ばれがちだよね。



例に漏れず、モンハンを主軸にしつつ、
俺が知る他のハンティングと比較した時、


圧倒的に優れている部分は、

「味方に対して出来る事が多く、しかも強い」。





大体、こういったゲームのマルチと言えば、

例えば味方が置いた罠や発動した状態異常を利用したり、
囮をしてもらったり、といったところだろう。



だが、それらの行動はソロでも効果は同じで、立ち回りに大きな影響もない、
言ってしまえば、ソロでもマルチでも自分のやる事だけやる、といったイメージだ。


全てのハントゲーを知っているワケではないから、
もちろん、マルチプレイ重視の作品もたくさんあるだろうけどね。





とにかく、ゴッドイーター3は、味方の為に出来る事と、その頻度が多く、

シリーズファンからの酷評のひとつ、
「プレイヤー側が弱く、相手側が強いゲームバランス」が逆に良いシナジーを生み。


さらには、その味方の為の行動が、
「とても助かるし強くもあるが、無ければ無いでもまぁ大丈夫」という、

強制させない程度の、絶妙なバランスなのだ。



ハンティングゲームはほとんど触った事が無かったけど、
動画等で見聞きした中では、一番良いと思う。



アプデが止まってしまったのが残念過ぎる、
もっともっと、遊び尽くせない程のミッションが欲しいね。


クリア済みの難しいミッションを適当に摘まみ食いするのも、十分楽しめるがな!





これは反逆者には最高の遊び場だよ。

めるちゃん、ぐいぐい推してくれてありがとう。


……



個人的に残念だった点は、3つ。


・ストーリーがイマイチ

世界観やキャラクターデザインは良いし、シーンとして切り抜けば面白いけど、
全体を通した時に、説明不足や矛盾、強引さが目立つ。



・この年代に出た作品にしては、キャラメイク要素が物足りない

声の多さは素晴らしい!
体形が固定、顔関連のパーツが少ない、服はもっと少ない。



・バイティングエッジ

3からの新武器、二刀。
デメリットとメリットが釣り合っておらず、どう楽しませたいのか全く伝わってこない。

上級者向けとかそういった次元の話ではない。
使いこなした時の見返りが、カッコイイ以外で何もない。

使用率低いのが好きな天邪鬼だから、使うけどさ!





シリーズを追ってきてないからこそ、というのもあるだろうけど、
世間で言われているマイナス意見の多くは、俺は英断だと思う。



くどいくらいに「仲間」というのを強調するストーリーや、充実した味方への行動。


攻撃後の隙を狙ったのに、反撃の二の太刀の方が速いくらいの、
プレイヤー側が弱く、相手側が強いゲームバランス。



どういったゲームにしたかったのか、よく伝わる。

それが開発全体の総意だったかどうかは、分からないけどね。


「マルチが楽しいゲームにしたい」といったような一部の意思が、
作品の完成までに気付かれる事無く、食い込んだだけかもしれないしw





何なら、もっと理不尽でもいい。



特に、相手側の捕食攻撃。

急に狙いを変えたりとか、避けられるかどうかギリギリの攻撃範囲とか、
時々フェイントしてきて、ジャスガ狂わせてくる、なんてのでも全然。


これら諸々についての説明は、また別の機会にするとして。



食らってしまった時の演出、その後の強化含めて素晴らしいから、
もっと絶望感を与えてほしい(末期


とはいえ、発売当初みたいに回数でごり押しするのは、ダメなやつだw





友達とマルチをやるなら、モンハンよりゴッドイーター3!



俺の感想としては、こんなトコ(*'ヮ')b+


………
……



20220625-02

前置き?が長くなったけども!


ここからは、プレイしている様子を切り抜きながら、
その内容とゲームシステムに触れつつ話していくぜ。





20220625-46

全員がメインストーリーを済ませて、合流した反逆メンバー。


俺達の物語の始まりだ!





20220625-03

まずは、皆でEXミッションを攻略する事にする。



メインストーリークリア後に挑戦可能になるミッション。

出現した時に、最初と最後だけやってみたのだが、
相手がこれまでとは全然違う攻撃をしてくる事に気付く。


これは皆で一緒にやった方が楽しそうだなと思い、
他は手を付けずに、皆を誘ってみた次第だ。





20220625-04

ザックリとしたシステムの説明もしていきたいから、
初回は長めに尺を取って記事にするぜぃ。



そう、システムな。

覚えることは多かったなぁw


シリーズ未経験者は、どれが優先度高いかもサッパリで、
それこそ、やりながら覚えていくしかなかった。



ハントゲーはほぼ初めてでも、3Dゲームの経験値は高い、
その俺でも、馴染むのに苦労しそうだと思ったくらいだ。


3Dゲームを本格的に触り始めたのが、最近のリスクオブレイン2という、
そんなブラザーは、かなり大変だったんじゃなかろーか…w



それでも、高難易度ミッションに一緒に食らいついていく、一流の反逆者。

頼りになるぜ。





20220625-05

最初の相手は、バルバルス・イラ。


ヒャッハー! 狩りだぜぇ!!

勢いよく先陣を切る、戦闘狂のふたり(*ノノ)





20220625-06

段差を利用して、様子を見る。


コイツは、地面に潜ったり出たりと、
3Dゲームではいそうであまり見なかった攻撃をしてくる。





20220625-07

危険を察知し、GE3からの新システム「ダイブ」を使って、回避行動!



盾を構えながら長距離突進するダイブは、非ロックオン時には任意の方向に、
ロックオン時にはターゲッティングした場所に向かって移動可能だ。


この特性により、必ずしもロックオンが有効とは限らない、
立ち回りに個性が出るアクションであるという点が面白い。

俺はロックオンをほぼ使わず、ダイブを多用するスタイルに落ち着いた。





20220625-08

地面に潜ったバルバルスが、一瞬前の俺の位置からドーン!


ザ、ドリルデンジャー。



御覧の通り、キャラクターを操作しながら手動で敵を補足するのは、
リスクオブレイン2等の3Dゲームで慣れている。


ロックオン未使用により、攻撃の精密性には多少欠ける部分も出てくるが、
瞬間的な判断からの高機動力を活かして、立ち回っていくぜ!





20220625-09

出現後の隙を狙い、駆け寄る戦闘狂組。





20220625-10

その後、食らおうとするところまでそっくりだ(*ノノ)


ここで、このシリーズの大きな特徴である「捕食」について、触れていこう。





20220625-11

細かい世界観の設定の説明は割愛するが、
モンハンでいうところの、「研ぎ」みたいなものかな?


キャラクターの戦闘力を維持する為に、定期的に行う必要があるアクションだ。





20220625-12

プレイヤーが手にしている武器「神機」は、
敵(アラガミと呼ばれている)を構成する細胞を利用した、生体兵器。


世界観的には、厳密に言えば色々と違うのだろうけど、
ゲーム的に簡単にまとめると、敵を食って、その栄養をパワーにして戦うワケだ。





20220625-13

捕食攻撃を当てると、このように噛み千切ったようなエフェクトが入る。


ヒット確認は分かりやすい。



…が、実はまだ安心出来ない。





20220625-14

引き千切るモーションをしっかり終えて、栄養を取り込むまでに、
何らかの妨害を受けてしまうと、本領発揮には至らない。





20220625-15

成功!



LEVEL1と表示されたゲージ。


捕食攻撃にもいくつか種類があり、
成功した捕食に応じて、ゲージが補充されて本領発揮となる。


この状態を、「バースト」という。


ゲームのタイトルで分かる通り、捕食はメインシステムであり、
バースト状態を前提にデザインされている為、積極的に狙う必要がある。



持続時間は、ゲージMAXで約30秒くらいかな?

つまり、今回ので15秒ちょい。


地味に大変w



そこで、味方への行動のひとつが輝くのだが、それはまた後述する。





20220625-16

ブラザーも合流し、皆で取り囲む!





20220625-17

ブラザーの合流の仕方カッケェな!





20220625-18

オラオラァ!

囲んでボコボコにしてやらぁ!





20220625-19

ってなだけでクリア出来たら、ハントゲーじゃないよな(; ・`д・´)


範囲攻撃を繰り出してきたのでガード!

神機は盾とも一体になっていて、すぐに展開できる。



しかし、その巨体から繰り出される範囲攻撃はとても広い。

二人は巻き込まれてしまったようで、ダメージを受けている。





20220625-20

自分にヘイトを向けさせるのと、攻撃後の隙を突くのも兼ねて、

軽く攻撃を仕掛けた後に…





20220625-21

少し離れ、二人を視界にとらえる。





20220625-22

俺が支えるぜ!

1発ずつヒール弾を打つ。


なんと神機は、銃形態にも変形可能なのだ!



近接攻撃を当てる事で回復可能なオラクルゲージがあり、
これを消費して、攻撃や回復の弾丸が放てる。





この回復手段の調整も、GE3の良いところのひとつ。

モンハン等と同様、ミッションにはアイテムを持ち込めるのだが、
それで回復しようとすると、足を止めて使用する為、大きな隙をさらしてしまう。


その上、当然ながら消耗品で、持ち込める数にも限りがあるから、
使用はなるべく控えて、温存したいところである。



なんて時に、助かるのが回復弾。

ただし、回復弾で消費するオラクルは多い。


味方をヒールする為には、自分もしっかり攻撃しないといけないが、
かといって、無理に突っ込んでダメージを受けては元も子もない。

攻撃、回復、サポートが循環している、非常に面白いシステムとなっている。





20220625-23

回復ついでに、タゲ取りにも成功していたようだ。


デカブツが追ってくる迫力こえー。





20220625-24

定期もぐもぐも欠かせない。

またしてもめるちゃんとタイミングが被るw





20220625-25

15秒チャージ、栄養満点!





20220625-26

殴れ殴れー!





20220625-27

と、ここで一定ダメージに到達し、相手が活性化!


EXミッションに登場するアラガミの特徴で、攻撃行動が変化し、
微量ずつ回復するリジェネ状態を、敵味方問わず付与する。



回復してくれるのはありがたいけど、
長引いた分だけ危険も増える。


リジェネを上回る火力を出さねば…!





なんて感じで、欲張ろうとしようものなら、





20220625-28

どわー!





20220625-29

大丈夫かブラザー!


回復するぜ!





20220625-30

難を逃れためるちゃんが、敵を引き付けつつ、
小剣スキル「ランページコメット」を繰り出している。

バーストしてないと発動できない、「バーストアーツ」。





20220625-31

爆炎の尾を引いて、カッコイイんだよなぁ。





20220625-32

そのバースト状態、延長だ!


ブラザーの回復を終えた後、二人にリンクバースト弾を撃ち込む。





20220625-33

デフォルト3発までストック出来る弾で、
捕食が成功する毎に、1発補充される。


捕食の頻度に対して、基本上限3発ということで、
溢れさせるよりは、味方に撒いておきたい。



隙の大きい捕食の手間を減らせる上に、
1発でゲージがMAXになり、さらにバーストレベルも上昇する。

バーストレベルは、自分単体では上げられず、
上昇する事で、バーストによる恩恵も増えるのだ。


良い事しかないワケだが、既に述べた通り、強制する程ではない。

そんな状況でないならば、後回しにしたっていい。





いけるな?


そのまま畳みかけてくれ!





20220625-34

チームの安全確保!

俺も合流して、仕掛ける!





20220625-35

あと一息のはずだ、いくぞ!!





20220625-36

と、ここで!

尻尾への執拗な攻撃が実り、結合崩壊!



結合崩壊とは、いわゆる部位破壊。


破壊された部位からのダメージが本体に届きやすくなり、
発生時に、アラガミがダウンして攻撃チャンスとなる。




20220625-37

そうなったらもう、ハンマー点火して、





20220625-38

こうして、





20220625-39

こうよ!





20220625-40

アクセルトリガーが発動する直前だったので、捕食攻撃を当てる。



戦闘中、能力毎に定められた条件を満たすと、
短時間のバフ効果を得られるシステムが、アクセルトリガーだ。


俺はウォーロードというのをセットしていて、
効果は「バーストアーツの威力上昇」、発動条件は「捕食を4回当てる」。

良いタイミングだぜ!



発動させたら、続けざまに





20220625-41

エンゲージ!!


発動したアクセルトリガー等のバフを共有できる他、
バーストゲージ上昇量の共有等、いくつかのメリットがあるシステム。

しかも、しばらく味方の近くにいるだけで発動可能になるため、お手軽。



メリットひとつひとつは微々たるものだが、
組み合わせると、非常に強力な奥の手だ。


システム多いでしょw

大変だけど、それだけ楽しめるという事でもあるよ!





20220625-42

活性化しようが、餌場に逃げようとしようが、
容赦なく畳みかけて、仕留めにかかる!





20220625-43

またしても偶然、めるちゃんと攻撃タイミングが被って、





20220625-44

連携攻撃みたいなSSが撮れた!


これはカッコイイ(*'ヮ')b+





20220625-45

討伐完了!


倒した時に、自動で最後のアラガミを捉えたカメラになるんだけど、
たまたま正面にいためるちゃんの決めポーズが写り込んだ(*ノノ)

何だか、居合斬りで倒したみたいな絵に。





20220625-47

―――――EX編、次回に続く!



………
……




鼓膜破壊の爆音にはならないと思われますが、
いきなり大きい戦闘音が入りますので、再生の際にはご注意くださいませ。

黒画面から音声と映像のフェードイン、くらいは調べた方がいいかなぁ…w


最後の畳みかけ辺りの、1分の雑切り抜き。






鼓膜が心配な方用に、リンクもどうぞ(っ'ヮ')っ【こちら

貼り付けた動画はデフォルトで音量MAXになりますが、
リンクから行けば、普段使用している音量設定になります。

新しいウィンドウで開きます。
スポンサーサイト



GOD EATER 3  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

【GOD EATER 3】今、この手にある未来 

20220615-01

超カッコイイSSが撮れてしまったぜ(*'ヮ')b+



全てのステージに制限時間があるし、
ミッション中は、任意のポーズを取ったりも出来ないのだが。


ロケーションが良い上に、待機ポーズのいくつかがカッコイイ為、
上手いことやれば、こういうのも撮れると思ったのさァ!





Siaと表記されている女の子は、めるちゃん。



20220615-11

このゲームでは、キャラクター作成時、
名前の他に、マルチプレイ用のコードネームを入力する事になる。


条件を満たすと、プレイヤーのアバターをNPCとして同行させる事ができ、
その際には、キャラクターの頭上にはコードネームのみ表示されて、



20220615-12

実際に一緒に遊んでいる時には、
さらにその上にオンラインIDが表示される。





ってなワケで、Siaは超かわいいNPCじゃなくて、
超かわいいめるちゃんなのでよろしく!


………
……



さて、ゴッドイーター3(以降GE3)用の録画ソフトも準備出来たところで…


早速、連載スタート!



…早くネタを消化しないと、録画データの容量がヤバイんだ(; ・`д・´)





いや~、エンコードすりゃ済む話なんだけど、
録画する度にやるのは時間がかかるし手間。

動画として使用や保管をするワケじゃないからな。



使用しているソフトが音ズレしやすいってのもある。





となりゃ、記事として消化するのが手っ取り早い!



れっつごぅ!!


………
……



前回の記事でもちらっと触れたが、GE3はハンティングゲームだ。


この手のゲームを始める上で、
まず最初に決めねばならない事がある。



使用する武器だ。


俺は好みの幅が広く、やろうと思えば大抵のものは扱える。

ひとまず様子を見て、余った中かr



20220615-02


……



GE3の武器種は、

小剣、二刀、長剣、大剣、槌、槍、鎌、円月輪の8種。


ショートブレードやヘヴィムーン等、このゲーム特有の名称があるが、
分かりやすさ重視で、ひとまず上記のように呼ばせていただく。



俺の第一印象は槌か槍で、
ふたりとも剣系統を選びそうな流れだったので、

そのまま印象に従い、実際に軽く使用したり、調べたりした結果…





20220615-03

槌を選択。





20220615-04

リーチが短い代わりに、攻撃力と機動力に優れた武器。





20220615-05

インファイトが好きな俺にピッタリ(*'ヮ')b+

全ての武器をある程度触った今でも、この選択がベストだったと思うぜぃ。





20220615-06

それから、俺だと分かりそうなキャラメイク(*ノノ)





20220615-07

この服が何だか作業着っぽく見えて、
武器も槌だし、合うと思った!

着ているうちに気に入ってきて、固定衣装と化している。





20220608-02

GEシリーズを追ってきていためるちゃんは、
GE3からの新武器、円月輪を使用してクリアしていたようだけど、

今回、反逆メンバーでスタートするに辺り、小剣を手に取り。



ブラザーは、長剣を選択。

皆、ROっぽいチョイスになったなぁw


……



選択した武器によって、大まかな方向性や立ち回りが決定するが、
そこからさらに、自身のプレイスタイルによって微調整が可能。



本来であれば、インファイトでひたすら火力を出す槌を選択した俺は、
ヒットアンドアウェイ風のビルドにして、サポート方面も伸ばした。


状況把握しながら、視点を高速であっちこっちに振って、
回復やサポート、遊撃等をするのは得意な方だ。

それをするのに必要なビルドを整えたぞ!(`・ω・´)





右手に剣を握ったとして。



左手にも剣を持つか、盾を持つか。


―――――それとも、仲間に差し伸べるか。



自分が大事にするものや、自身の能力を考えて、自由に選べばいい。





俺は、仲間に手を差し伸べる為に、
片手だけで、剣と盾を素早く持ち替えられるように練習するタイプだぜ(*'ヮ')b+

欲張りってのも、時には良いものさ!





20220615-08

サポートビルドを組み、1発で落とせないとしても、





20220615-09

2発で落とせりゃ、大して





20220615-10

変わらんはずさァ!!


………
……



最後に、各武器(当作品では神機という)の正式名称を。


小剣:ショートブレード

二刀:バイティングエッジ

長剣:ロングブレード

大剣:バスターブレード

槌:ブーストハンマー

槍:チャージスピア

鎌:ヴァリアントサイズ

円月輪:ヘヴィムーン





次回は、ゲームの感想や遊んでいる様子について!
GOD EATER 3  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

【GOD EATER 3】反逆の捕食者 

Risk of Rain 2だけでも、永遠に遊べるのだが。

いくつか、こういったタイプの手軽なマルチゲームがあればいいな~と、
ブラザーと雑談していた時のこと。





20220608-01

めるちゃんにぐいぐいされる。

ゴッドイーター3は、以前からめるちゃんがぐいぐいちょくちょく話題にしていて、
手軽なゲームではないだろうと予想するも、セールが来たら買うかな~とは思っていた。



…数日後、誂えたかのようにセールが来た(; ・`д・´)


マルチも出来るようなので、





20220608-02

そりゃあ買うよね(*'ヮ')b+


モンハン系のゲームだったのか、
普通のアクションゲームかと思っていたな~。


……



りんさんはPC的にこのグラフィックがキツいようで、残念ながら不参加。


ブラザーもちょっと厳しそうな様子だったけど、
出来なくはないようで、本編を終えるまで食らいついた。



俺は動作自体は平気だが、使用している録画ソフトの相性が悪いようだ。

ちゃんと記事にしていけるのかが問題。



別の録画ソフトを試してみて、連載に漕ぎ着けたい。

先にカテゴリーは作っておこうか、というのが今回の記事。





さぁ、ひと狩りいこうぜ!!
GOD EATER 3  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top