10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

風流郷 -sonority-

  : 

自分の中の本物を貫く、真のフルコンボ使いを目指す男の物語。

朝陽を迎える準備は出来ているか 

7月11日…いや、日付が回っているから7月12日か…深夜3時の事。

その人は唐突に現れ、



20150719-01

唐突に言った。





20150719-02

我ながら惚れ惚れする即答っぷりだ。





20150719-03

選択肢すくなっ!!

いやしかし、量をカバーする、圧倒的な質の高さ…!
こやつ、出来る。



生体3か… 俺も何度か誘っちゃみたものの、

「こわーい」とか、「むりー」とか、「きらーい」とか、
断られてばかりだったな(´・ω・`)


初見では、大体の人が一瞬で消されるから、
難しいイメージが強いのかもしれない。

実際、生体3より遥かに難しいところを薙ぎ払うような、
たまり場にいる人達を誘って、上記の反応だった。










というわけで、





20150719-04

始まり始まり。


………
……



生体といえば、我が兄弟分ことバリ君。

ブログを見てみると、そこには…



20150719-05

頭の中が一緒過ぎるバリ君の姿が!!


そうそう、これだよ!

先の展開を予測しながら、切り抜ける度にほっと胸を撫で下ろす。
だがそれも一瞬、すぐに次の用意をしないと持っていかれちまう緊張感。

装備の敷居もそこまで高くなく、ある程度のBaseがあれば何とかなる…
かもしれない、挑み甲斐があるのが生体3だと思う!


手持ちのスキルを見つめながら、これはこいつに効きそう、
こいつにはこれ、不測の事態はこれで切り抜ける、みたいな、

手駒を考えている時間はとても楽しい。

それがたとえ前提で取らされただけのスキルであっても、
使う事で、活路を見出せるものも多いのだ。



俺の場合はフルコンボ型。

その、自ら調節可能なSPの放出量をどう使うか。
決められる一瞬を見極め、ここぞという時、一気に叩き込む。

こいつが醍醐味だ。

SPのバルブハンドルを思いっきり回しちまえば、
装備が弱くても、一段階上の狩場に行けるという利点もある。


使い手の腕次第ってワケさ、燃えるだろう?





テンプレートにハマるのが悪いとは言わないが、

見た目だけで選んでも構わない、とにかく好きなスキルを取って、
そいつをどう活かすかを考える面白さをもっと知ってもらいたいよな。


……



よし!

懐かしいSSを見つけたので、ちょっと脱線していいっすか(*ノノ)



アロストがシビアの足元にも及ばず、
そこそこ強かったエイムドすら見向きもされなかった頃。

鷹を連れているレンジャーなんて、ついぞ1人しか見かける事の無かった、
…そう、Fit全盛期の、あの頃だ。



鷹を相棒と呼び、エイムドはもちろん、アロストも習得し、
カモフラさえも取りにいった俺と、

その見かけた鷹レンジャーさんは、


レンジャーの始祖とか呼ばれてもいいよな(ぇ

まぁ俺は、RO最高のフルコンボ使いの称号を得られたら、
それでいいんだがな!!



とにかくこれを見てくれよ、
今じゃ見飽きるほど使われるあのアロストが、





20150719-39

この反応である。


所謂、

「あー、人気バンドの○○ね。メジャーデビューする前から聴いてたよ」

というヤツだが、どうしても書きたかったんだ…すまねぇ。




矢の雨、渋いじゃないか。

純粋にカッコイイと思った。


ゴミのような扱いを受けていただけあって威力は低いが、
ディレイ中に♯が撃てるのを発見。

その2段攻撃をストームシューティングと名付け、
嬉々としてにゃんにゃんの討伐をしていたものだ。



これを見ている、そこのアナタ!(メタァ

今こそ燃やせ、ロマンスピリッツ!!


風流郷は、ロマンチストを応援します。





よぉし、そいじゃ本編いってみよう!


………
……



あ、この人の呼び名、どうすっかなぁ…。

最近、しぃちゃんの呼び方とか、いおりんさんの酔いどれイメージとかで、
ブログの楽しさおそろしさを再認識したところだ。


迂闊なことは書けんぞ…



20150719-38

曲刀イワシーンの使い手、ハリード…

いや、イワシ以外にも使うしなぁ…


磯野さん…あっ、サザ…おっと、これ以上はいけない。

さかな…ぎょぴちゃん…とか。


関西方面の人なら、ギョーさんで決定なんだが。
いや、仮名だけど。

出身地知らないんだよなー…


………。

……。


ぎょ~さんにしよっか、ちょっと可愛くなったな、うん。


………
……



俺は、ぎょ~さんの支援の仕方がとても好きだ。


ヒール量に特化したタイプ…なのかな?

違っていたらすまんけど、
初めて見た時、その回復力に驚いた記憶がある。


後方支援型。

俺も昔それだったから、まずそれだけで親近感。


加えて、ぎょ~さんの支援が好きな理由は、

相手や場面に合わせて柔軟に対処する、あるいは対処しようとする、
その思考の巡らせ方と、遊撃チックな動きにある。


こちらも相手を意識し、相手もこちらを意識してくれるので、
指示や相談はほとんどいらず、会話は雑談に終始する。


お互い不慣れで、当然失敗もしたが、
それに関しては何も言わずとも、

次にはお互い対策を用意していて、
示し合わせたかのようにコンビネーションが決まっている。


こういうタイプの人との狩りは、個人的にかなり好きだ。
PTしてる!って気分になる。





そんなぎょ~さんとの生体3で、



20150719-06

早速、物陰からひょっこり現れたかとりん(何それ可愛い)



20150719-07

遊撃役としての、反応の速さが光る時!!

JTで吹っ飛ばされても即戻って、



20150719-08

旋風…腿!?


ぎょ~さんもさすがの反応!

LDを入れている。



20150719-09

一瞬後にはこの通り、討伐の布陣!


いつも一緒に遊んでくれるしぃちゃんの支援も、こちらの手を分かっていて、
コンボ最終段にLAを入れてくれたりとすごく楽しいけど、

ぎょ~さんの、行き当たりばったり、でも何とかなるみたいな、
冒険心溢れた感じも良いものだなw

バリ君との狩りが丁度そんな感じで、やはり面白い。





さて、生体3の2大厄介mobといえば、

かとりんと、



20150719-10

こいつ、せしるんだと思うんだが、これ如何に。

早速、床の調査を開始するぎょ~さん。
今日の床は、淡白でありながらジューシー、とても美味らしい。



20150719-11

生体ファン、1名確保!!


ようこそ、生体3へ。





20150719-12

あっ…



20150719-13

画面外から急に入ってきたまな板が、
キレ芸で再び笑いと取りにかかる。

合言葉は、よく切れるまな板。




20150719-14

転んでも消えない闘志!

素質アリだ!!



20150719-15

生体3の虜になった姿が、こちらです。





20150719-16

画面外にちょこっと映っただけで、この同時ニューマである。

ぎょ~さんのこういうところ、素敵。





ところで、いつも考えさせられるのが、



20150719-17

こんな場面で、一旦引く時。



一応今回における前衛としては、
支援を追い越さないように、庇いながら引きたいんだが…


そうするとどうしても、中途半端な移動の仕方になる為、

ぎょ~さん視点では「ん? やるの? やらないの?」
みたいな、判断を迷わせる動きになってしまう。



ので、もちろん場合にも依るが、俺はあえて、





20150719-18

ぎょ~さんを追い抜いて撤退の意思を伝え、
何かあればすぐに庇えるように、残影のSCに指を乗せるようにしている。





20150719-19

にげろー ε=ヽ(;'□')ノ





20150719-20

セイレンだけをまいたところで、オーラマガレ戦開始!!

LA→属性攻撃が怖いが、
基本的にはソロでもいける相手。


大丈夫(フラグ





20150719-21

やってねぇよ帰れ!!(;'Д')





20150719-22

奥に小部屋があるから、そこにセイレンを押し込めたい!

マガレはタゲが移りやすく、おそらくぎょ~さんを狙うだろうが…
ぎょ~さんならきっと!





20150719-23

OK、セイレンは足止めした!


一方ぎょ~さん、上に動いて分断に協力しただけでなく、
こちらが急いで戻る事を信じて、飛ばない道を選ぶ。

後方型で打たれ弱いのに、だ。



やはりこの人、渋い。





20150719-24

今いくぞぉーーーッ!!





20150719-25

そのまま撃破ァ!!





20150719-26





20150719-27

いや、別にコイツ、そんな強くないんだけどね…。


………
……



そんなこんなで、あっという間に3時間をオーバー。



20150719-28

序盤こそ、ソロでの戦術「氷像砕き」をやっていたが、
LDが効く事や、ぎょ~さんがアイス帽をやりたがった事等から、

終盤では、かなり戦術が変わっていた。

行き当たりばったり系ならでは。





20150719-29

例えば、せしるん。

ソロの場合、HIT不足を凍らせる事でカバーし、
そのまま風付与した中型武器でカチ割って仕留めるんだが、


ぎょ~さんとの狩りでは、

俺がスキルを使ってこない間合いで攻撃を引き付け、
その隙にぎょ~さんがLD、





20150719-30

せしるんの近くにニュマを追加、





20150719-31

先をある程度警戒しつつ、
残影で一気に間合いを詰めて、





20150719-32

双竜脚!!

からの~、





20150719-33

!?


なんでだぁああ!!w

今日はセイレンがお茶目な日。メモメモ





20150719-34

大纏まで決め打ちだったので、流石に止まれず。

しかしそこは、反応自慢の遊撃役。
大纏の硬直を残影でキャンセルし、緊急事態を伝える。





20150719-35

伝わったら、華麗にくるっとターンして、





20150719-36

旋風腿で足止めしてから、



俺もにげるー! ε=ヽ(;'□')ノ





20150719-37

ハァハァ。


………
……



とまぁ、こんな感じで、退屈しない狩場!

鬼のような装備を持っていない方にこそオススメしたい。
テーマは、あくまで「挑戦」だ。


…つまり、床の味を知る覚悟も必要という意味だけど(ぁ



ちなみに、この後2人は、
修羅と湾でTWO討伐に向かったという…。





ぎょ~さん、長時間の狩りお疲れさん!

また行こうぜっ(ゝω・)



そこのアナタも、れっつトライだ!!
スポンサーサイト

テーマ: ラグナロクオンライン

ジャンル: オンラインゲーム

ROイラスト無し  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://furyulifesonority.blog76.fc2.com/tb.php/192-cfcfc1bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top